サークル紹介

友の会では会員のサークル活動を応援していきます

☆☆☆全国パーキンソン病友の会京都府支部 俳句サークル「さるすべり」☆☆☆

故角谷彩子様より田代青山先生に受け継がれた俳句サークル「さるすべり」です。

コロナ禍により、みんなで集まって句会を開くことができなくなりましたが、

携帯電話やパソコン、郵便による、メールで俳句を楽しむ「メール句会」に形を

変えたのです。これがなかなか皆さんの評判が良いのです。楽しいのです♬ 

頭の体操に最高です\(^o^)/

青山先生のユーモアたっぷりのご指導が楽しいですよ。

 

     指導  俳句誌「星だより」主宰 田代青山先生

     投句  毎月第四土曜日午後1時、投句締切(5句)

     会費  1.000円

   

さるすべりメール句会【青山の眼】   令和三年十二月三十日 

兼題「風花・クリスマスローズ」他 特選★印、秀逸☆印、入選〇印

 

からつ風国定村の関所跡      上田 久之

【評】「国定村の関所跡」が口当たりが良すぎるようです。どんな

   関所跡でしたか?観光俳句にならないようにしましょう。

〇火山灰少し纏ひ切干着く      川平 眞澄

  【評】「火山灰」は「よな」の二音ですみます。大根やサツマイモを薄く切って干した切干。眞澄さんの知り合いか実家の鹿児島から届いたのかな?

★クリスマスローズ青空知らぬまま  永野 孝世

【評】最近は正面や上を向いている、品種改良のもありますね。

☆風花や托鉢僧の袖に舞ふ      西田 純子

【評】托鉢僧の黒衣と風花の白い点々、空の青さがシンプルな美しさですね。「風花」と言えばもうチラチラ舞ってますので「舞ふ」という説明を隠すと、もっとシンプルになりますよ。

☆風花やラピュタの地図開かれぬ   水野 栄太

【評】ラピュタはアニメの「天空の城」でしょうね。空想力を生かした句です。雪は天からの手紙ですね。

☆風花や高層ビルと伊吹山      向井 祥子

【評】 ビルと言えば高層です(笑)「風花やビルの合間の伊吹山」

★短日や目薬3種5分おき      山中 敦子

評】 大変ですねえ‼ 三と五の数字がたまたまかもしれませんが面白いです。俳句ではアラビア数字は使いません。短日が効果的です。



カラオケ同好会 (現在、コロナ禍のため中断しています)

 

平成26年10月リハビリ講習の時にパ病患者は声が小さくなってくる、そのための対策としてカラオケが有力な手段の一つと言われ、そのことが契機になって参加者を募り同好会がたちあがった。

 

第1回は26年12月に左京区のカラオケボックス 12人参加

 

第2回も27年2月に同カラオケボックス    13人参加

 

第3回は27年4月に中京区のカラオケ喫茶   14人参加

 

第4回も27年6月に同カラオケ喫茶      12人参加

 

第5回は27年8月に山科区のカラオケボックス 12人参加

 

第6回は27年9月に山科区のカラオケボックス 6人参加

 

第7回は27年12月に上京区のカラオケボックス15人参加