パーキンソン病とは

パーキンソン病の治療法の現状


 パーキンソン病とは中脳のドパミン神経細胞が脱落し運動障害を起こす病気です。細胞が脱落-死ぬということはそこにレビー小体が現れるためであり、レビー小体と深い関係があります。このレビー小体はα-シヌクレインというタンパク質が主成分であることがわかりました。このα-シヌクレインが神経伝達物質のドパミンの放出をできにくくさせていき、ドパミンが脳幹の中脳黒質から大脳基底核(体のバランスや歩き方を司る重要な場所)にある線条体という神経細胞に送られてきます。ドパミンの量が少なくなってくると神経と神経を繋ぐネットワークをうまく動かすことができず、体のバランスが悪くなったり歩き方に支障が生じたりするのです。その悪化のスピードは何年もかかり少なくなっていくため徐々に体の動きが悪くなっていくのです。α-シヌクレインが正常の1.5倍、2倍に増えるとパーキンソン病になってしまいます。タンパク質の量が増えることについてはいろいろ原因があると思われますが今のところわからず難病になっています。レビー小体をなくす、つまりレビー小体の元となるタンパク質のα-シヌクレインを減らしてしまうような治療法ができれば、パーキンソン病の根本治療になると思われますがその方法がまだ難しいのです。

パーキンソン病の症状


 パーキンソン病は主に50歳以降にはじまり、日本では10万人に100人程度の頻度で発病し徐々に進行悪化していく神経難病です。特に40歳未満で発病する若年性もあります。人によりそれぞれ異なった症状を呈しますが主な症状は次のようなものです。

 

1.手足の振るえ(震せん)  2.動きが遅くなる(無動)  3.筋肉がこわばる(固縮) 4.倒れやすくなる(姿勢反射障害)

 

この他痛み、便秘、排尿障害、臭覚の低下、睡眠障害、立ちくらみ、意欲の低下、抑うつ状況が伴うことがあります。このような症状に対する新しい薬が次々に開発されていますが、根治にはまだまだ遠い状況です。

パーキンソン病の薬


 この病気はドパミンが足りないということでそれを補うLードパとドパミンとよく似た化学構造を持っているアゴニストが治療の中心となります。ドパミンはそのまま飲むと胃から吸収されてしまい脳まで行きません。Lードパは脳に入ってからドパミンに変わるものなので脳に行くことができます。Lードパの短所は飲んでいて効果がすぐに切れてしまうことです。また、血中にその成分濃度が高くなってしまうとジスキネジアという副作用が起こってきます。アゴニストはLードパの欠点を補うために出てきたものです。効果はLードパは長くて1.5時間くらいで、アゴニストは5時間以上あります。また、日内変動とかジスキネジアを起こしにくいといわれています。今の治療は症状が軽いときはアゴニストを、ある程度重くなってきたらLードパを使うことになっています。若い人はアゴニストを、症状が最初から重い人、お年よりは最初からLードパを使うことにしています。つまり症状が軽いときはアゴニスト、重くなってくるとLードパを使うことになります。アゴニストの短所は効果が弱いということです。Lードパとアゴニストをうまく組み合わせることです。アゴニストの副作用は一般的に消化器系統の症状、眠気、抹消性浮腫、幻覚が出てきたりします。一部のアゴニストに心臓弁膜症がおこります。