全国パーキンソン病友の会

京都府支部

(京都パーキンソン病友の会)

 


パーキンソン病は人によって症状が違います。それでも、『一人ではありません!』友の会の役割は、当事者とその家族が分かり合える、話し合える、仲間がいるそんな環境をつくることです。

 

リハビリ講習会

 

主催:全国パーキンソン病友の会京都府支部   

参加には事前予約が要ります!予約の受付は令和4年630日~です!

日時     令和4年72() 13時30分~(受付13時~)

場所     ハートピア京都(烏丸丸太町) 4階(第4,5会議室)

講習内容  舞台演劇の手法を使った「声と体のトレーニング」

講師     演出家  細見佳代 先生

スケジュール 13:00~  受付開始(予定)

       13:30~  先生より挨拶

       13:35~  講習会(前半)簡単な体操、発声練習、ジェスチャーゲーム

       14:45~    休憩

       15:00~   講習会(後半)グループでテーマに沿って様々な場面を演じる

       16:00       終了

 

参加費    無料

定員     25人程度(役員除く) 事前予約者に限る 先着順

予約受付   ~令和4年630日  平日(月~金)10:00~16:00

                           電話及びFAX、メールでお願いいたします。

                           TEL/FAX 0771―24―6857 (ご住所・電話番号・お名前をお願いします。)  

                           メール kyo.pd.tomo@gmail.com(ご住所・電話番号・お名前をお願いします。)

           

ハートピア京都へのアクセス  

地下鉄烏丸線 「丸太町」下車 徒歩 1分
●注意点    動きやすい服装でご参加ください。飲み物を持参してください。(水分補給が充分に出来るように!)

 

★細見佳代先生のプロフィール★

演劇指導者、演出家。2000年まで(財)静岡県舞台芸術センターで専属俳優として活動。

現在、高校生、大学生、障害のある方、高齢者など対象に、演劇ワークショップや作品作りを行う。

龍谷大学非常勤講師。社会福祉士の資格所持。 

 

※先生から※

この講座では、体を使って皆で様々な役や場面を演じていきます。決まった台本はありません。その時々のイメージで自由に表現していきましょう。

 

お待たせしました!お待ちかねの「演劇講座」です!舞台演劇では、1番後ろの観客にも届くように大きな声、オーバーな動きをします。小さな声、小さい動作では観客に何をしているのか伝わりません。声と動きを意識して、俳優になった気分で、笑いながら、楽しみながらリハビリをしてみましょう!見ているだけでも大丈夫、途中参加OK。 カムカムエブリバディ!

各ボタンから紹介ページをご覧いただけます




ダウンロード
京都府支部・パンフレット
パンフレット (1).pdf
PDFファイル 268.7 KB

京都府支部の主な活動

本部および他団体との連携

・本会は、パーキンソン病の早期治療法の確立、医療・福祉の充実、医療費の減額、療養生活の向上等を目指し、1984年3月に国立宇多野病院友の会の会員を中心に結成されました。同時に全国パーキンソン病友の会に加盟しました。現在会員数は約150名です。友の会の本部とともに政府・国会に対する請願 、署名・募金活動をおこなっています。

・京都難病団体連絡協議会のメンバーとして対京都府交渉に参加、成果の獲得をめざしています。 

 

支部独自の活動

・パーキンソン病に関する医療講演、リハビリ講習、会員懇談、懇親会等の開催

・支部会報の発行

・サークル活動の支援

・その他みんなが楽しめることはどんどん取り組みたいと思います。

問い合わせ

〒602-8144

京都市上京区藁屋町536-1

元待賢小学校1F 京難連内

京都PD友の会

 

e-mail:kyo.pd.tomo@gmail.com

 

tel/fax:075-822-2691